タリキホンガンジ

なにするかわからねーやつ

Mr.

 僕の街の海に「Mr.」と呼ばれる怪獣が住んでいた。

 Mr.はタコの様な風貌をしていて少し、宙にフワフワと浮いている。そして、タコの足の様な象の鼻の様な長い鼻を7本持っており、食事はいつも鼻から吸い込んで摂っていた。いつも食べる物は気まぐれで日によって変わる。水だったり、果物だったり。

 ただMr.は全長が25mとやはり怪獣と呼ばれるだけあって大きく、鼻の穴もちょっとしたトンネルぐらいのサイズなので、たまに間違えて近くにいた人間や動物を吸引してしまうことがある。

 もちろんMr.と呼ばれるだけあって彼は紳士で良い奴なので、人間や動物は消化する前にくしゃみをして吐き出してくれる。

 またMr.はそこらの怪獣と違って意思疎通ができる怪獣で近くに行って話しかけたらテレパシーで僕らの頭の中に話しかけてくるのだ。話し方は感情がないロボットのような素っ気ない物だが、話しかけたら一言三言は返してくれるので「丁寧な奴だ」と皆に褒められている。

 ちなみにMr.という名称だが、その名が付けられた理由がある。

 ある日、海難事故に遭って海で溺れかけていた人たちを救うために、溺れかけていた人たちが海底に足を付けるようになるまで海水を吸い込んで、見事に救ったのだ。

 実は僕もその一件で救われた一人だ。

 その後、彼は全員救助されたのを待った後、海水を吐き出して元の環境に戻した。

 実はこの時、海の生物も一時的に自分の長くて太い鼻の中に避難させており、ほとんどの生物を傷つけずに元の環境に戻してあげたことが、後々判明し「彼はなんて良い奴なんだ」「いや、紳士に相応しい」などと街の人間が更に彼を賞賛し始め、最初は「タコさん」やら「象蛸さん」などと呼ばれていた彼は街の人から敬愛を込めて「Mr.」などと呼ばれる様になった。

 

 しかし、ある日海からMr.がこつ然と姿を消した。

 街の人々は「僕らに愛想を尽かしたのではないか」「話し返すのが面倒になったのではないか」などとネガティブな予想を立てていたが、Mr.は突然何かを始める、気まぐれな性格でもあったので「いつか帰ってくるだろう」と皆、結局は能天気に彼の帰還を待っていた。

 だが、待てども待てども、彼は帰ってこなかった。一年が経ち、二年が経ち、あっという間に五年の月日が流れた。

 しばらくすると人間の気持ちは変わるもので「Mr.は都市伝説だった」などと流布する奴が現れたり

「実は風貌が気持ち悪いと思っていたのでせいせいした」

「彼のテレパシーは脳に悪影響だった可能性がある」

 などと彼そのものを否定する様なそんな風潮にさえなろうとしていた。

 

 そして、それから更に五年が経った頃、彼は僕らの海の一番深い海底で、動かなくなっている姿で発見される。

 Mr.は海底にうずくまるような形で全長は50mほどに肥大化して動かなくなっており、専門家などはこぞって彼の回収に務めようとしたが、彼が動かなくなっても鼻から海水を吸引していたやため、回収は難航。結局、数年越しで彼を海底から地上に引っ張りだすことに成功する。

 地上に上がった瞬間にMr.は吸引が止まって、完全に停止した状態になると、街の人は彼を見世物にして街の名物として売り出そうなどと謳いだし、実際、彼は数年間、浜辺に放置され、それが街の名物スポットになった。

 

 だが人々は忘れている、なぜMr.が動かなくなった後も海水の吸引をしていたのか、海の底で彼が何をしていたのか、なぜ肥大化していたのか。

 

 その後、街を襲うように海の水位が上がり始めた。その勢いは凄まじく、街全体が水の中に沈むまでそう長い時間はかからなかった。

 水位が上がったのは温暖化の影響があるなどとニュースでは見たが、温暖化であそこまで急に水位が上がるとは思えない。だが、今まで水位が上がらなかったのは、何故か?

 今の僕らにはなんとなくわかる。

 

 当たり前のことだ。Mr.は紳士で良い奴なのだから、あの街が大好きな気まぐれ者の怪獣。

 街を救うために一肌脱いでもおかしくない。

 それほどにMr.は僕らのことが好きだったのかも知れない。好きでいてくれたのかもしれない。

 

 そんなMr.は今も静かに街とともに眠っている……。

少女と怪物〜雨の理由〜

「願いは聞き届けた、これからお前を食べてやろう」

 身長3メートル。牙と口は大きく、爪も眼光も鋭い怪物はかわいらしい少女に向かってそう言った。

「だめ、全然なってない!私を食べようという気が微塵も感じられないわ!」

 少女は見た目とは裏腹に強い口調で怪物を叱ってみせる。

「そうですか……」

 怪物は見た目とは裏腹に弱気な態度で少女に頭を下げた。

「そうよ、はい次」

「はい……さあ!これからお前を食べてやろう!」

「声が大きくなっただけ。はあ、これで村が本当に救われるのかしら……?」

「す、救われますよ!オレの一族が女の子を食べたら雨が降ったんですから……」

 怪物は震える声で、“絶対”という自信に満ちた言葉を使った。

「……そもそも、本当にあなたもその能力を受け継いでるわけ?」

「それは未知数ですが……オレのじい様が前に女の子を食べた際には雨が降ったと父様が……」

 少女はその言葉を聞いて大きなため息をついた。

「こいつに喰われて雨が降らなかったら無駄死にじゃない……ご先祖様になんて言い訳すれば良いのよ……」

「オレも雨が降らなかったらご先祖様と村人に顔向けできませんよ……」

「その無駄に恐ろしい顔で私の村の人たちの前にノコノコ出て行ったら、みんな驚いてきっとそれだけで心臓が止まってしまうでしょうね……ってこんな雑談してる暇ないでしょ!!」

「はいっ!」

 怪物は少女の急なノリツッコミのような何かに体を直立させて反応した。

「そもそも、あんたが私をなかなか、ぱくっと食べてくれないからこんなお遊戯をしてるんでしょ!」

「はい……」

 少女の言う通りであった、怪物は少女の願いを聞き入れるまでは威厳を保っていたのだが、いざ少女を食べようとすると……いや、食べようとさえできずに今、この体たらくが晒されている。

「でも、怖いですよ!あなたを食べると絶対口の中とか外とかで血とか飛び散るじゃないですか!おいしいかどうかもわからないのになんでそんな怖い想いをしないといけないんですか!!」

 いきなりの怪物の逆切れとその内容に少女は呆れて口をつぐんだ。そしてしばらくの間を置いて純粋な疑問を口にすることにした。

「……あんた、今まで一体何を食べてきたのよ……」

「え?それはもう、どんぐりとか、まつぼっくりとか……」

「ぷっ何それ!子どもの遊びじゃない!拾って食べてる姿を想像したらなんか妙に愛くるしくなってきたわ!アハハハハ!!」

 少女は怪物の予想外の返答に爆笑してしまった。怪物もつられてぎこちない笑顔を見せた。

「しかし、人の笑顔を見るのは初めてですから、何か変な気持ちです……皆オレの姿をみたら恐い顔して逃げていきますし……」

「ハハ、それはそうでしょう、あなた恐いもの。でも恐いのはやっぱり外見だけね」

「いじわるは言わないでください……」

「いえ、褒めてるのよ。あなたは優しい。だからこそ、私の願いを聞き届けてくれる。そう信じて私はあなたに食べられるの、そう決心することにしたわ」

「……」

 怪物はその言葉を聞いて思わず黙ってしまった。少女は完全に覚悟を決めている訳ではなかったのだ。自分の死を受け入れるという残酷な運命に対して。

「あえて、もう一度言うわ。私の村は今、干魃で水もまともに飲めない状況にあるの、だからこそ生け贄を捧げれば雨を降らしてくれるというあなたの下まで来たの」

 怪物は少女をもう一度良く見た。きりりとした顔や声色とは裏腹に、手足は小刻みに振るえており、今にも倒れ込みそうであった。

「……今、あなたは覚悟したのですね、死を」

「最初から覚悟はしてた……つもりだったけどね。やっぱり、本当に食べてくれそうな雰囲気が出てるあなたを目にしたらつい、ね……恐くてね……」

 少女の張り詰めていた声はついに崩れだし、目にもハッキリと涙が浮かんできた。

「だからお願い、早く食べて……私が私である内に、食べて欲しい。皆のために立派に死にたいの……」

 怪物は神妙な顔でその言葉を飲み込み、少し考えた後、すっと息を吐いて言葉を発した。

 

「願いは聞き届けます。これからあなたを食べてあげましょう」

 

「……迫力のない言葉……全然なってない……けど」

 

「ありがとう」

 

少女の瞳から涙が落ちた瞬間、怪物は少女を包み込み、鮮血に染まった。

 

その日から空は曇り、連日大量の雨が溢れ出し、村は干魃から救われることになる。

その大粒の雨はまるで怪物が流した涙の様に見えたが、その涙の理由を知る人はもういない。

 

 

〜あとがき〜

 

いつも通りライブ感で書きました。物語がストレートに伝わってくれればいいかなと思います。